本文へジャンプ
大阪市立図書館 OSAKA Municipal Library
ここから本文です
赤ちゃんといっしょに楽しんで
※書誌IDとは、大阪市立図書館で統一して資料に与えている番号です。
図書館へのお問い合わせの際には、この番号をお示しください。
がたんごとんがたんごとん   安西水丸 作 福音館書店
「のせてくださーい」哺乳ビンなど、赤ちゃんになじみのあるものが、つぎつぎと汽車にのりこんできます。ページをくるたびに見せる赤ちゃんの反応が楽しい本。
書誌ID:0000226097
絵本「がたんごとんがたんごとん」の写真

くだもの   平山和子 作 福音館書店
絵本「くだもの」の写真 すいかは切って、桃は皮をむいて、「さあどうぞ」。さし出されたみずみずしいくだものに、思わず、赤ちゃんの手がのびます。
書誌ID:0000229846

ぴよーん   まつおかたつひで 作 ポプラ社
カエルがピョーン。バッタがピョーン。いろいろな生き物が、とび跳ねます。宙に浮いている格好が、ユーモラスです。
書誌ID:0000809948
絵本「ぴよーん」の写真

じゃあじゃあびりびり   まついのりこ 作 偕成社
絵本「じゃあじゃあびりびり」の写真 水と流れる音、紙とやぶる音……。物の名前と音がリズミカルにくり返されます。赤ちゃんもつられて声に出したくなります。
書誌ID:0010136188

みる   ヘレン・オクセンバリー 作 かわばたつよし 訳 童話館出版
さまざまなものを夢中で見ている子どもの表情を、ていねいに描いています。親子で絵を見ながら、赤ちゃんの反応を楽しみたい絵本です。
書誌ID:0000503090
絵本「みる」の写真

いやだ いやだ   せなけいこ 作 福音館書店
絵本「いやだ いやだ」の写真 るるちゃんは、なんでも、「いやだいやだ」と言います。はり絵を使って描かれた絵が、ダダをこねる子どもの様子をほのぼのと伝えます。
書誌ID:0000214163

いないいないばあ   松谷みよ子 文 瀬川康男 絵 童心社
ネコやクマなどの動物が、「いないいないばあ」で遊びます。赤ちゃんといっしょに、何度でも楽しんでみたくなります。
書誌ID:0000229912
絵本「いないいないばあ」の写真

おててがでたよ   林明子 作 福音館書店
絵本「おててがでたよ」の写真 ちょっと大きな服にかくれてしまった赤ちゃん。「おててはどこかな」「あ たまはどこかな」と声をかけると、手・頭・足が出てきます。子どもたちもまねをしたくなります。
書誌ID:0000186808

どうぶつのこどもたち   小森厚 文 藪内正幸 絵 福音館書店
イヌやウマなど、動物のこどもたちがいきいきと遊ぶ姿が次々と出てきます。ほかに『どうぶつのおかあさん』もあります。
書誌ID:0000279196
絵本「どうぶつのこどもたち」の写真

がちゃがちゃどんどん   元永定正 作 福音館書店
絵本「がちゃがちゃどんどん」の写真 音に色や形があったらどんなふうに見えるでしょう。イメージにぴったりの絵と、リズム感のある言葉に、子ともたちの心もはずみます。
書誌ID:0000213026

こぐまちゃんとどうぶつえん   わかやまけん他 作 こぐま社
動物園には、いろいろな動物がいて、ごはんを食べたり、うんちをしたりしています。動物園に行ってみたい気持ちになる絵本です。
書誌ID:0000141837
絵本「こぐまちゃんとどうぶつえん」の写真

ちいさなうさこちゃん   ディック・ブルーナ 作 いしいももこ 訳 福音館書店
絵本「ちいさなうさこちゃん」の写真 ふわふわさんとふわおくさんにかわいい赤ちゃんが生まれ、うさこちゃんと名付けられました。おなじみのうさこちゃんのシリーズの第1作です。
書誌ID:0000168818

▲このページの先頭へ