本文へジャンプ
大阪市立図書館 OSAKA Municipal Library
ここから本文です
絵本の世界へ3−大きくなっても(6歳ぐらいから)−
※書誌IDとは、大阪市立図書館で統一して資料に与えている番号です。
図書館へのお問い合わせの際には、この番号をお示しください。
※印刷用はこちらから →「絵本の世界へ3−大きくなっても(6歳ぐらいから)−」(PDF版)


あたらしい ぼく 
 シャーロット・ゾロトウ著 エリック・ブレグヴァド絵 みらい なな訳 童話屋
24cm 30p 書誌ID:0000233061
家の中も、家族や友だちもいつもどおりなのに、何かが違う気がします。昔集めた貝がらを見て、美しいと感じるのも初めてです。今までと違う新しい自分に気づいた思春期の少年を描きます。

アンディとらいおん
 ジェームズ・ドーハーティ著・絵 むらおか はなこ訳 福音館書店
27cm 78p 書誌ID:0000231840
ライオンの本に夢中のアンディは、学校へ行く途中で本物のライオンに出会います。アンディは、ライオンの手にささったとげを抜いてあげて、仲良くなりました。

いつもちこくのおとこのこ ―ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー―
 ジョン・バーニンガム著・絵  たにかわ しゅんたろう訳 あかね書房
26cm 32p 書誌ID:0070008877
ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーは急いで学校にでかけます。けれどワニにつかまったり、高潮にさらわれたりして、遅刻ばかり。理由を話しても、先生はちっとも信じてくれません。

おじさんのかさ  佐野洋子著・絵 講談社
31cm 31p 書誌ID:0000263060
おじさんはとても立派なかさを持っていました。あんまり大切にしていたので、雨がふってもさしませんでした。ところがある雨の日、「あめがふったらポンポロロン……」という歌をおじさんは聞きました。

おまたせクッキー  パット・ハッチンス著・絵 乾 侑美子訳 偕成社
21cm 24p 書誌ID:0000193120
ビクトリアとサムが、クッキーを食べようとしていると、友だちがやってきました。みんなで分けようとすると次々に人数が増えて、ひとり分の数が減っていき……。意外な結末が楽しめます。

かもさんおとおり
 ロバート・マックロスキー著・絵 わたなべ しげお訳 福音館書店
31cm 64p 書誌ID:0000226424
カモの夫婦は、ヒナたちを連れて、引っ越すことにしました。車でいっぱいの大通りを渡ろうとして、大騒動に。親切なお巡りさんたちの助けで、全員無事に公園の池へたどりつくまでを描いています。

きょうりゅうくんとさんぽ  シド・ホフ著・絵 いぬい ゆみこ訳 ペンギン社
22cm 64p 書誌ID:0000165434
恐竜の大好きな男の子ダニーが、博物館へ行って見ていると、恐竜が話しかけてきました。ふたりは町の中を散歩して回り、広場ではみんなと遊び、とても楽しい1日を過ごしました。

こぎつねコンとこだぬきポン
 松野正子著 二俣英五郎絵 童心社
25cm 46p 書誌ID:0000173916
コンとポンは一緒に遊びたいのに、タヌキと友だちになってはダメ、キツネと遊んではダメと叱られます。けれどもある日、二人はばけっこをしていて、入れ替わって家に帰ります。読み応えのあるお話です。

こんとあき  林 明子著・絵 福音館書店 絵本「こんとあき」の写真
28cm 39p 書誌ID:0000142189
ぬいぐるみのこんは、あきが赤ちゃんの時からずっと一緒です。でも、だんだん古くなりほころびてきたので、おばあちゃんに直してもらうため、二人は汽車で旅することになりました。

さむがりやのサンタ
 レイモンド・ブリッグズ著・絵 すがはら ひろくに訳 福音館書店
26cm 32p 書誌ID:0000226422
クリスマスイブの朝、サンタは文句を言いながら、寒そうに起きだし、ソリの準備をします。街の人々が眠っている間に、プレゼントを配る様子を、カラフルな絵とマンガのようなコマ割りで描いています。

ぞうのババール
 ジャン・ド・ブリュノフ著・絵 やがわ すみこ訳 評論社
28cm 48p 書誌ID:0000226630
森にすむ子象のババールは、狩人に追われ、街にたどりつきました。何もかもが珍しく、ババールは好奇心いっぱいです。洋服をあつらえ、写真をとるなど、街の暮らしを楽しみますが、やがて森に帰ってゾウの王様になります。

ちいさいおうち 
 バージニア・リー・バートン著・絵 いしい ももこ訳  岩波書店
絵本「ちいさいおうち」の写真
24×25cm 40p 書誌ID:0010376695
ちいさいおうちは、静かな田舎の丘の上から、周りの景色をながめて暮らしてきました。ある日車があらわれ、道路や建物が次々とでき、周囲はにぎやかな都会に変わりました。ちいさいおうちは、ひとりぼっちで田舎のことを夢に見ます。

ひとまねこざる  H.A.レイ著・絵 光吉夏弥訳 岩波書店
21cm 47p 書誌ID:0000660413
しりたがりやのこざるのジョージは、あるとき鍵をぬすんで動物園から逃げ出しました。街はおもしろいことがいっぱい、ついつい知りたがりすぎて手をだして、大騒動を引き起こしてしまいます。

フランシスのいえで
 ラッセル・ホーバン著 リリアン・ホーバン絵 まつおか きょうこ訳 好学社
26cm 29p 書誌ID:0000179539
妹が生まれておもしろくないフランシスは、晩ご飯の後で食堂のテーブルの下に家出しました。お父さんとお母さんは、居間でさびしがってみせます。その話を聞いていたフランシスは、二人のもとへ戻ることにしました。

ペレのあたらしいふく
 エルサ・ベスコフ著・絵 おのでら ゆりこ訳 福音館書店
24×32cm 16p 書誌ID:0000237460
ペレは子羊の毛を刈り、その毛をすいてもらうかわりに、にんじん畑の草取りをしました。がんばって働く少年に大人たちも手を貸してやり、彼が念願の新しい服を手に入れるまでが描かれます。

ものぐさトミー  ペーン・デュボア著・絵 松岡享子訳 岩波書店
21cm 44p 書誌ID:0000266460
トミー・ナマケンボは、とてもなまけもの。電気じかけの家に住み、お風呂や着替え、食事の世話を機械にしてもらっています。ある日、停電で調子がくるった機械のせいで、彼はたいへんな目にあいます。

ゆうかんなアイリーン
 ウィリアム・スタイグ著・絵 おがわ えつこ訳 セーラー出版
27cm 31p 書誌ID:0070007649
風邪をひいたお母さんの代わりに、アイリーンがお屋敷に注文のドレスを届けることになりました。ところが外はひどい吹雪で、風はますます強くなります。そしてとうとうドレスが風にさらわれて……。

ルラルさんのにわ  いとう ひろし著・絵 ポプラ社
24cm 32p 書誌ID:0010144878
芝生の庭が自慢のルラルさんは、誰かが庭に入ろうとすると、得意のぱちんこで追い払います。ある朝、丸太のようなワニを見つけたルラルさんは追い払おうとしますが、ワニは思いがけないことをします。

ろくべえまってろよ  灰谷健次郎著 長 新太絵 文研出版
29cm 30p 書誌ID:0000173442
穴に落ちてしまった犬のろくべえを、子どもたちは一所懸命助けようとします。ろくべえを元気づけようと、みんなで考えたいろいろなことを試してみますが、なかなかうまくいきません。

▲このページの先頭へ