トップページ > 刊行物のご案内 > 大阪市史 > 第1 第2 第3 第4 第4-2 第5 

『大阪市史』

修史事業は市町村の合併やその記念事業を機に始まります。この『大阪市史』も、明治30年(1897)の第一次市域拡張から4年後の明治34年から事業が始まりました。
 明治の文豪幸田露伴の弟、幸田成友(こうだしげとも)を中心に調査や執筆を行い、大正4年(1915)に完成しました。

下のリンクをクリックしていただくと各巻の目次がでます。在庫はございませんので、お近くの図書館などでご覧ください。なお、一部の巻については国立国会図書館近代デジタルライブラリーから本文のモノクロ画像を閲覧することができます。をクリックしてください

各巻の構成

名 称 概 要 画像
大阪市史 第一 古代から江戸時代(天明6年)まで
大阪市史 第二 江戸時代(天明7年〜慶応3年)〜明治2年まで
大阪市史 第三 江戸時代の御触及口達
大阪市史 第四上 江戸時代の御触及口達
大阪市史 第四下 江戸時代の御触及口達
大阪市史 第五 江戸時代の諸資料
大阪市史 索引


大阪市史原稿(大阪市史編纂所蔵)


大阪市史編纂所