トップページ > 刊行物のご案内 > 明治大正大阪市史 > 1 2 3 4 5 6 7 8

『明治大正大阪市史』全8巻

幕末までだった大阪市史に続いて、明治大正時代の歴史を記述したのが明治大正大阪市史です。幸田成友の推薦によって編集主任となった本庄栄治郎は、門下生などの協力を得て、明治維新後の大阪の歴史を記述しました。通史と史料、そして論文に分けて構成されていますが、経済変化に伴う政治・社会の動向を中心に執筆しています。 (在庫はございませんので、お近くの図書館などでご覧ください)

巻 名 概 要 刊行年
1 概説篇 政治・社会・経済など多岐にわたる明治・大正の大阪市の歴史を概説 1934
2 経済篇 上 行政区画の変化や市政の動向、社会資本や農業・工業について 1935
3 経済篇 中 商業・交通・通信の歴史について 1935
4 経済篇 下 金融・大阪市財政・経済の変化にともなって生じた社会問題についての歴史 1934
5 論文篇 概説篇や経済篇の内容をより深めた論文集 1933
6 法令篇 慶応4年から明治22年までの大阪市・大阪府に関わる法令集 1934
7 史料篇 大阪市の政治・経済に関する史料 1933
8 目次 年表 索引 全巻の総目次、年表、索引、編纂事歴および正誤表 1935


大阪市史編纂所